当社のコアバリューの声明

会社のビジョン

クライアントがリスクを管理し、最高の人材を雇用するのに役立つ革新的なソリューションとインサイトを提供します。

ミッション

わたしたちはクライアントの成功を支援します。わたしたちの使命は、最新の革新的な人材ソリューションを提供し、最高のグローバルなカスタマーエクスペリエンスをもたらすことです。

信頼と信用を築く  

わたしたちのビジネスの成功は、従業員と顧客から得られる信頼にかかっています。わたしたちは尊敬に値する行為のみによってコミットメントを順守し、誠実さを示し、会社の目標を達成することで信頼を得ます。行わなければならないことを言葉で言うのは簡単ですが、それを証明するのはわたしたちの行動です。  

結局のところ、わたしたちは行動によって判断されます。

何らかのアクションを検討するときは、質問をするのが賢明です。これによりFirst Advantageに対する信頼と信用が築かれますか?これはFirst Advantageが長期にわたって成功できる作業環境を作り上げるのに役立ちますか? それによってわたしがやり遂行できるコミットメントはありますか?わたしたちが信頼と信用を最大化できる唯一の方法は、このような質問に「はい」と答え、信頼と信用を築くために毎日働くことです。

個人の尊重  

わたしたちは皆、尊厳と敬意を持って扱われる環境で働く権利があります。First Advantageは、わたしたち一人一人の可能性を最大限に引き出し、ビジネスの成功に直接貢献するため、このような環境の構築に取り組んでいます。誰の能力も無駄にすることはできません。  

First Advantage は平等な雇用主であり、攻撃的な行為や嫌がらせ行為などのあらゆる種類の差別のない職場を提供することコミットしています。嫌がらせや差別を受けていると感じた従業員は、その事件を上司または人事部に報告する必要があります。

開かれた正直なコミュニケーションの文化を創造する  

First Advantageでは、誰もが自由に自分の考えを、特に倫理上の懸念に関して、話すことができます。マネージャーは、そのような質問を社員がしやすくなるようなオープンで協力的な環境を作る責任があります。社員が適切なタイミングで適切な質問をすることで、ミスや不正行為を防止することができれば、わたしたち全員にとって大きなプラスとなります。  

First Advantageは、報告された疑わしいまたは非倫理的な行動のすべての事例を調査します。不適切な行動が発生したことが判明した場合、会社は適切な措置を講じます。わたしたちは、誠意をもって倫理的な懸念を提起した従業員に対する報復を容認しません。

ほとんどの問題は迅速に解決できるため、社員はまず第一に、マネージャーまたは人事部長と問題に対処することが推奨されます。何らかの理由でそれが不可能な場合、または社員がマネージャーや人事部長に問題を提起することに抵抗がある場合、First AdvantageのCEOはオープンドアポリシーを採用しています。

トップの姿勢をしっかりとする

経営陣は、行動を通じてこの規範の重要性を示す責任を負っています。どのようなビジネスでも、倫理的な行動は簡単に起こりません。それは、期待される行動に対するはっきりとした直接的なコミュニケーションが、上からモデル化され、具体例によって示されることによって生み出されます。繰り返しますが、最終的に、わたしたち自身の行動が重要です。  

規範を機能させるために、マネージャーは、従業員から提起された倫理的な質問や懸念に迅速に対処し、そのような問題に対処するための適切な措置を講じる責任があります。マネージャーは、従業員の倫理上の懸念を権威に対する脅威または挑戦としてではなく、ビジネスコミュニケーションの奨励されるひとつの形式として考えるべきです。First Advantageでは、倫理的な対話が日常業務に自然に溶け込むことを望んでいます。

法律順守

誠実さに対するFirst Advantageの取り組みは、事業を行う地域の法律、規則、規制を順守することから始まります。さらに、わたしたちはそれぞれ、特定の役職に適用される会社のポリシー、法律、規則、規制を理解している必要があります。考えられたアクションが法律またはFirst Advantageポリシーによって許可されているかどうか不明な場合は、リソースの専門家にアドバイスを求めます。法律違反を防止し、違反の可能性があると判断した場合は声に出す責任がわたしたちにあります。  

当社の事業の性質上、いくつかの法的要件により、ここで具体的に言及する必要があります。

競争  

わたしたちは、倫理的で公正かつ活発な競争に専念しています。メリット、優れた品質、機能性、競争力のある価格に基づいて、First Advantage製品とサービスを販売します。わたしたちは独立した価格設定とマーケティングの決定を行い、競合他社との不適切な協力や調整を行うことはありません。First Advantageの商品またはサービスの購入、製品またはサービスの販売に関連して、不適切な支払いまたは謝礼を提供または要請することはなく、また、特定の顧客の違法なボイコットに関与または支援することもありません。  

専有情報  

他者の財産権を尊重することが重要です。競合他社の企業秘密または専有情報や機密情報を不適切な手段で取得しようとすることはありません。ソフトウェアまたはその他の知的財産の不正使用、コピー、配布、変更を行うことはありません。

選択的開示  

First Advantage,、その証券、事業運営、計画、財務状態、経営成績、開発計画に関する重要な非公開情報を(1対1または小規模の議論、会議、プレゼンテーション、提案などにかかわらず)、選択的に開示することはありません。 プレゼンテーションに重要な非公開情報が含まれていないことを確認するために、顧客にプレゼンテーションや提案を行うときは特に注意しています。

利益相反の回避  

利益相反  

仕事を遂行する際に客観的かつ公正な意思決定を行う能力を損なう、あるいは損なうように見える関係や活動を避ける必要があります。場合によっては、First Advantageに代わって行うビジネスアクションが、個人的に最善の行動方針であるため、当社にとっては最善の行動方針ではない可能性があり、個人または家族の利益と対立する可能性がある状況に直面することがあります。私たちは、正当な利益を促進するために、First Advantageに義務を負っています。当社の資産または情報を個人的な利益のために使用したり、会社での立場を通じて得た機会を個人的に利用してはなりません。

利益相反が発生する可能性のある他の事例を次の通りです。・First Advantageの社員である間、雇用の性質に関係なく、競合他社または潜在的な競合他社、サプライヤー、または請負業者に雇用されているか、コンサルタントとして行動していること。 ・家族または親戚の人の雇用または監督。 ・外部の営利企業または組織の役員としての役割。 ・競合他社、サプライヤー、または請負業者を所有している、または実質的な関心を持っていること。 ・First Advantageのビジネス経由で個人的な利益、経済的利益、または潜在的な利益を得ること。 ・First Advantageの従業員またはその家族が所有または管理している企業との企業ビジネスの配置。 ・First Advantageの全従業員が平等に利用できる場合を除き、顧客/潜在顧客、競合他社、またはサプライヤーからの贈り物、割引、おもてなし、またはサービスを受け入れること。  

利益相反が存在するかどうかを判断することは、必ずしも簡単ではありません。利益相反の質問がある従業員は、経営陣にご相談ください。利益相反の原因となる可能性のある活動、取引、または関係に従事する前に、従業員はマネージャーまたは人事部門にレビューを求める必要があります。

贈り物やビジネス上のおもてなし

First Advantageは、当社の製品とサービスの特徴のみに基づいて競争することをお約束します。私たちは、First Advantageによる外部事業体の有利な扱いが、個人的なビジネス上のおもてなしと引き換えに求められ、受けられ、与えられたという認識を生み出す行動を避けるべきです。ビジネス上のおもてなしには、贈り物、食事、軽食、接待、またはファーストアドバンテージがビジネスを行っている、またはビジネスを行っている可能性のある個人や企業からのその他の特典が含まれます。First Advantageまたは顧客のポリシーに違反する、または当惑する、当社の評判に否定的に反する不公正なビジネス誘因を構成する、または構成するとして合理的に認められるビジネス上のおもてなしを与えたり、受け入れたりしません。

社用の贈り物を受けることについて

ほとんどのビジネス上のおもてなしは、First Advantageの社員であるために提供されます。私たちは、そのようなおもてなしを必ずしも受け入れることはありません。First Advantageの立場を利用して利益を得ることも、おもてなしを依頼することはできませんが、当社が維持する、またはビジネス関係を確立する企業との良好な仕事上の関係および善意を促進するおもてなしを受け入れる場合があります。(受け入れても利益相反や公平性が生じない場合に限る)

契約を授与する社員、または事業の配分に影響を与えることができる社員、事業の配置につながる仕様を作成する社員、または契約の交渉に参加する社員は、えこひいきしたり、公平性や公正な取引に対する会社の評判に悪影響を与える可能性のある行動を避けるよう特に注意する必要があります。サプライヤーの選択または再確認にFirst Advantageが関与する場合、またはおもてなしを提供することが当社のビジネスを獲得する方法であるという印象を与える状況で、サプライヤーからのおもてなしを拒否することが正しいです。

食事、軽食などの接待

次の条件を満たせば、食事、おやつ、接待、および食事や接待の支払いを申し出た人と共有される同様のビジネス上のおもてなしを受け入れる場合があります。

・不適切に贅沢ではないこと。 ・頻繁ではなく、同じ人または団体からの頻繁な受け入れのパターンを反映していないこと。・契約が間もなく期限切れになるサプライヤーからのプレゼントや接待を受け入れるなど、ビジネス上の意思決定に影響を与えようとしないこと。・ビジネス上のおもてなしを受け入れる従業員は、それについて上司や同僚と話し合ったり、一般に知られたりすることを不快に感じることはないこと。   

贈り物  

従業員は、金銭以外の、市場の合理的な倫理慣行に準拠したこちらが要求していない贈り物を受け取ることができます。特別な記念日に送られる花、フルーツバスケット、その他の小さいプレゼント。カレンダー、ペン、マグカップ、帽子、Tシャツ(またはその他のノベルティ、広告、プロモーションアイテム)などのささやかな贈り物。

一般に、従業員は、First Advantageと仕事を行っている可能性のある事業体からの報酬、謝礼金、または金額を受け取ることはできません。100ドルを超える市場価値を持つ有形の贈り物(スポーツイベントやエンターテイメントイベントのチケットを含む)は、経営陣から承認を得ない限り、受け入れられない場合があります。  

社用の贈り物の受け入れについて質問がある従業員は、マネージャーまたは人事部にご相談ください。

社用の贈り物を送ることについて

社用の贈り物を送る従業員は、不当なビジネス上の優位性を獲得しないいこと、またはFirst Advantageに悪影響を与えないことを保証する必要があります。従業員は、個人の資金やリソースを使用する必要があり、First Advantageのリソースでは実行できないことを行うことはできません。社用の贈り物の会計処理は、承認された会社の手順に従って行う必要があります。  

特別な規則が適用される政府の顧客以外に、当社は顧客に非金銭的な贈り物(すなわち、会社のロゴアパレルまたは同様の販促アイテム)を提供する場合があります。さらに、経営陣は、以下の条件を満たせば、食事、軽食、または合理的な価値のある娯楽を含む他の礼儀を承認することができます。・受信者の組織の法律または行動基準に違反しないこと。・ビジネス上のおもてなしは、業界の慣行と一致しており、頻繁的ではく、豪華でもないこと。・First Advantageのポリシーと記録に反対しないこと。

メトリックの設定と結果の正確な報告

正確な公開情報  

わたしたちは、財務報告書および公開文書で行われたすべての開示内容が、完全、公正、正確、適時、理解可能であることを確認します。この義務は、財務担当者を含むすべての従業員に適用され、そこに含まれる情報の草稿、レビュー、署名、認証を含むレポートの準備に対して責任を負います。いかなる種類のビジネス目標も、事実を偽って伝えたり記録を偽造したりする言い訳にはなりません。

従業員は、ファイリングまたはパブリックコミュニケーションの情報が作成時に虚偽・誤解を招くとわかった場合、または、後続の情報が同様の将来のファイリング・パブリックコミュニケーションに影響する場合、経営陣および人事部に通知する必要があります。

企業記録管理  

当社は、First Advantageのすべてのポリシーとガイドライン、およびすべての規制・法的要件に準拠し、通常の業務の一環として会社の記録を作成、保持、および廃棄します。

すべての企業記録は真実、正確、完全でなければならず、企業データはFirst Advantageおよびその他の適用される会計原則に従って当社の帳簿に迅速かつ正確に入力される必要があります。

権限のない監査に不適切な影響を与えたり、操作したり、誤解させたりしてはなりません。また、First Advantageの帳簿、記録、プロセス、内部統制の内部独立監査を実施するために従事する監査人を妨害することもありません。  

形より本質  

時には、私たちは皆、実は回避したい問題や決定に直面しています。その様な場合、問題に直面することを避け、自然に解決されるのを待ちます。  

First Advantageでは、First Advantageが正しいことを行うということを十分に知った上で、苦渋の判断に取り組み、難しい選択を行う勇気が必要となります。時には、単に法律が要求する以上のことを行うことがあります。一連の行動を追求できるからといって、そうすべきだというわけではありません。  

First Advantageの基本原則は、すべての問題に対処したり、すべてのジレンマを解決することはできませんが、ビジネスを行う意欲を定義し、日々の行動を導くことができます。  

説明責任  

私たち一人一人は、この規範に定められた価値と基準を知っており、それを順守し、会社の方針について不確かな場合は質問をする責任があります。基準が満たされているかどうか、または規範の違反を認識しているかどうかが心配な場合は、人事部に連絡する必要があります。

First Advantageは、規範に定められた基準を真剣に受け止めており、それに違反することは解雇を含む懲戒処分の対象となります。  

忠実であること  

機密および専有情報  

First Advantageのビジネス成功に不可欠なのは、従業員、顧客、その他のビジネスパートナーから当社に委任された非公開情報だけでなく、企業の機密情報を保護することです。機密情報および専有情報には、価格設定および財務データ、顧客名・住所、現在または将来のサプライヤーやベンダーを含む他社に関する非公開情報などが含まれます。 当社は、ビジネス目的および適切な許可なしに、機密情報および非公開情報を開示しません。

企業のリソースの使用

会社の業務のために、時間、材料、機器、情報などの会社のリソースが提供されます。それにもかかわらず、仕事のパフォーマンスに影響を与えたり、職場を混乱させたりしない限り、時折個人的に使用することは許可されています。

社員およびFirst Advantageを代表する従業員は、責任を持って行動し、会社のリソースを節約するために適切な判断を下すことが信頼されています。マネージャーは、各部門に割り当てられたリソースに責任を持ち、適切な使用に関する問題を解決する権限を与えられています。  

一般的に、非営利団体への会社が要請する支援を除き、外部事業の実施、または宗教、政治、その他の外部活動の支援に、コンピュータ、コピー機、ファックスなどの会社の機器を使用することはありません。わたしたちは、勤務時間中に寄付を求めたり、仕事に関係のない資料を配布したりすることはありません。  

First Advantageネットワークの従業員の利益を保護するために、First Advantageは、従業員の会社発行のパソコンまたは電子デバイス、インターネットまたはFirst Advantageのイントラネットの使用に含まれるすべてのデータと情報を監視または確認する権利を留保します。会社のリソースを使用して、嫌がらせ、脅迫、虐待、性的に露骨、または不快・不適切な素材を作成、アクセス、保存、印刷、勧誘、送信は許可されません。  

会社のリソースの適切な使用に関する質問は、マネージャーに送達してください。  

メディアのお問い合わせ

First Advantageはわたしたちのコミュニティで知名度の高い企業であり、従業員は記者やメディア関係者からアプローチを受けることがあります。声をひとつにまとめて、会社についての正確な情報を提供するために、すべてのメディアからの問い合わせをemployation.solutions@fadv.comに集約しています。マーケティング担当取締役と最初に相談しない限り、プレスリリースを発行することはできません。

正しいことをする

いくつかの重要な質問は、非倫理的、不適切、違法と思われる状況を特定するのに役立ちます。 自らに問いただしてみてください:  

  – 自分がやっていることは、First Advantageの指針、行動規範、会社のポリシーに準拠しているか?

– 情報を不正確に伝えたり、通常の手順から逸脱するように頼まれていないか?

  – スタッフ会議で自分の決定を説明することに抵抗はないか?

– 新聞に取り上げられた場合どうなるか。

– わたしは家族、会社、自分自身に忠実であるかどうか。

– これは正しい行動かどうか。